TOP>顧客保護等管理方針

顧客保護等管理方針

当金庫は、お客さまの保護及び利便の向上の観点や業務の健全性及び適切性の観点から、顧客保護等管理態勢の整備は極めて重要であると認識し、次のとおり取組みます。

1.当金庫は、顧客保護等管理にかかる基本方針を次のとおりとする。

顧客説明管理態勢

(1)お客さまとの取引に際しては、お客さまが当金庫の商品やサービス等を自らの意思に基づいて選択・活用していただけるよう商品知識の習得に努め、正確かつ適切な情報を提供するとともに、お客さまが理解し納得していただけるよう法令等に基づいた適切な勧誘・説明を十分に行う。

<顧客サポート等管理態勢>

(2)お客さまからのご相談・苦情等には、真摯に受けとめ適切かつ十分に対応するとともに、業務のあり方を検討し改善していくことにより、お客さまのご理解と信頼を得られるよう努める。

<顧客情報管理態勢>

(3)お客さまに関する情報は、法令等に従って適切に取得するとともに、不正なアクセスや流出等を防止するため適切な措置を講じることなどにより安全に管理する。

<外部委託管理態勢>

(4)お客さまとの取引に関連して、当金庫の業務を外部委託する場合は、その業務遂行の的確性を確保し、お客さまの情報やその他の利益を保護するために、定期的または必要に応じてモニタリングを実施するなど委託先を適切に管理する。

<利益相反管理態勢>

(5)当金庫とお客さまの間や、お客さまと他のお客さまとの間で生じる可能性のある、お客さまの利益が不当に害されるおそれのあるお取引について、類型化およびそれぞれの管理方法を定め適切に管理する。

(6)その他、お客さまの保護や利便の向上のために必要であると判断した業務の管理については適切に管理する。

・本方針の「お客さま」とは、「当金庫で取引されている方及び取引を検討されている方」をいう。
・お客さま保護の必要性のある業務は、与信取引(貸付契約及びこれに伴う担保・保証契約)、預金等の受入れ、商品の販売、仲介、募集等において、お客さまと当金庫との間で行われるすべての取引に関する業務とする。

2.当金庫は、顧客保護等管理にかかる基本方針に基づき、必要な内部管理規定を制定し組織体制を整備するとともに、役職員はお客さまの視点から業務を捉えなおし、不断に検証し改善していくことによって、管理態勢の整備・確立を図る。

インターネットバンキングをはじめよう

スマートフォンで口座開設

個人インターネットバンキング

法人インターネットバンキング


ローン申込み

ローン申込み

ローンシミュレーション


電子記録債権サービス

投信インターネットサービス

スマートフォンで口座開設

▲ページトップへ戻る

Copyright© Morioka Shinkin Bank All Rights Reserved