TOPNEWS>「興こし酒プロジェクト~第2章~」仕込セレモニーに参加しました

「興こし酒プロジェクト~第2章~」仕込セレモニーに参加しました

H30.06.07

 「2018“よい仕事おこし”フェア」(実行委員会事務局:城南信用金庫)の特別企画として、47都道府県産のお米をブレンドし「おむすび」や「日本酒」づくりに挑戦したり、被災地産の具材を使った「鍋料理」づくりにも挑戦する3つの「地域連携プロジェクト」が開始されました。

 平成30年5月26日(土)「興こし酒プロジェクト~第2章~」として、曙酒造合資会社(福島県会津坂下町)において新酒を醸造するため、関係者が一堂に会し仕込セレモニーが開催されました。

 盛岡信用金庫(理事長 佐藤 利久)は、本企画の実行委員として参画しており、当日は、当金庫より常勤理事地域応援部長 藤澤 透が参加しました。
 新酒の名前は、全国をつなぐ「絆」と、飲むと「舞」を踊りたくなるほどおいしい酒になってほしいとの願いを込め「絆舞(きずなまい)」と命名され、実行委員を代表し、城南信用金庫 理事長 渡辺 泰志 様より、曙酒造合資会社 杜氏 鈴木 孝市 様へ「絆舞(きずなまい)」のプレートが託されました。

 当日は、会津農林高等学校「早乙女踊り保存クラブ」の皆さまをお招きし、成功祈願演舞を披露していただきました。

○仕込み作業
参加者は蒸米を布に包み、背中にかついでタンクへ運びます。

会津農林高等学校の生徒の皆さまが唄う民謡にあわせ、参加者は交代しながらかき混ぜる作業を行いました。

○「興こし酒」について
①「絆舞(きずなまい)」
平成30年度に全国47都道府県産のお米をブレンドして醸造されます。
岩手のお米は「ひとめぼれ」が採用されました。

写真左:2018ミス日本酒福島 堀井 雅世 様
写真右:曙酒造合資会社 杜氏 鈴木 孝市 様

②「絆結(きゆ)」
平成29年度に岩手・宮城・福島・熊本の被災4県のお米をブレンドして醸造しました。
平成30年度も興こし酒のシンボルとして造られます。
岩手のお米は「ひとめぼれ」が採用されました。

③2018“よい仕事おこし”フェアでの披露
「絆舞(きずなまい)」と「絆結(きゆ)」は、平成30年9月19日(水)・20日(木)東京国際フォーラムを会場に開催される「2018“よい仕事おこし”フェア」にてお披露目し、販売される予定です。

以  上

インターネットバンキングをはじめよう

スマートフォンで口座開設

個人インターネットバンキング

法人インターネットバンキング


ローン申込み

ローン申込み

ローンシミュレーション


電子記録債権サービス

投信インターネットサービス

スマートフォンで口座開設

▲ページトップへ戻る

Copyright© Morioka Shinkin Bank All Rights Reserved