TOPNEWS>「東北しんきんワイナリー紀行」の完成発表会が開催されました

「東北しんきんワイナリー紀行」の完成発表会が開催されました

H30.04.24

 盛岡信用金庫(理事長 佐藤 利久)は、信金中央金庫東北支店、花巻信用金庫、山形信用金庫、米沢信用金庫、ひまわり信用金庫、二本松信用金庫と連携し、岩手、山形、福島3県の9ワイナリーを紹介する「東北しんきんワイナリー紀行」を作成しました。

PDF表示はこちら(8.2MB)

 本企画は、東北地区の信用金庫が推薦する、「日本ワイン」を製造しているワイナリーのPRパンフレットを作成し全国の信用金庫に発信することで、東北地区における「日本ワイン」の認知度向上による地方創生および信用金庫取引先のワイナリーの販路拡大支援等に資することを目的としています。
 当金庫は、株式会社岩手くずまきワイン(代表取締役社長 鈴木 重男 様)、株式会社紫波フルーツパーク(代表取締役 藤原 孝 様)を推薦しました。

 平成30年4月11日(水)江陽グランドホテル(仙台市)を会場に、報道関係者を対象とした完成発表会ならびにワイン試飲会が開催されました。

〈第1部 完成発表会〉
 第1部の「完成発表会」では、信金中央金庫東北支店 小島支店長が本企画の目的・概要説明を行い、主催者を代表して当金庫佐藤理事長が参加者へご挨拶申し上げました。

〈第2部 ワイン試飲会〉
 第2部の「ワイン試飲会」では、9ワイナリーの代表者がそれぞれご挨拶され、参加者は各ワイナリーが持参した一押しのワインを試飲しました。

 平成30年10月30日に「日本ワイン」の表示基準が適用開始となります。
 輸入果汁を使って国内で製造された「国産ワイン」と明確に区別されることから、「日本ワイン」の人気は今後も高まり、ビジネスチャンスは更に拡大するものと期待されます。

以  上

インターネットバンキングをはじめよう

スマートフォンで口座開設

個人インターネットバンキング

法人インターネットバンキング


ローン申込み

ローン申込み

ローンシミュレーション


電子記録債権サービス

投信インターネットサービス

スマートフォンで口座開設

▲ページトップへ戻る

Copyright© Morioka Shinkin Bank All Rights Reserved