TOPもりしんについて>地域密着型金融の取組み状況

地域密着型金融の取組み

 当金庫は、「地域社会の発展と、ゆたかな暮らしづくりをめざして」を基本理念として、地域の皆さまから「愛され」「信頼される」地域金融機関を目指して、地域密着型金融の推進に取組んでいます。

平成29年度の取組み状況はこちらから

平成30年度の取組み状況

事業支援・事業再生支援

中小企業の経営支援に関する取組み方針
中小企業の経営支援に関する態勢整備の状況
中小企業の経営支援に関する取組み状況
経営支援力の向上

ビジネスマッチング・販路拡大支援等

 「ビジネスマッチ東北」をはじめ、全国の信用金庫ネットワークを利用して、首都圏の信用金庫や信用金庫協会が主催するビジネスフェア、物産展へ多くのお取引先企業を推薦し、県内外に向けて販路拡大の支援をしています。
 今後もビジネスマッチングを通じて、地域の商品力、技術力の情報発信に努め、ビジネスチャンスに繋がるようお取引先企業の発展に貢献してまいります。

東北地区

首都圏他

地域活性化への取組み

地方創生の連携に関する協定

 当金庫は、地域活性化に資することを目的として、盛岡市、久慈市、二戸市、矢巾町と地方創生に係る連携協定を締結し、それぞれ定める事項について取組んでいます。

「盛岡市」
平成28年3月24日(木)「地方創生の連携に関する協定」締結

「久慈市」
平成27年2月23日(月)「地域経済活性化に向けた包括連携に関する協定」締結

「二戸市」
平成28年12月9日(金)「地方創生の連携に関する協定」締結

「矢巾町」
平成28年5月11日(水)「地方創生の推進に関する包括的連携協定」締結

包括業務連携に関する協定

 当金庫と株式会社東北銀行は、連携内容に定める事項に取組むことで、地域の課題解決を図り地域経済の発展に繋げることを目的として「包括業務連携に関する協定」を締結しました。

平成29年2月16日(木)「包括業務連携に関する協定」締結

観光招致活動

 東日本大震災により甚大な影響を受けた観光産業を支援するため、首都圏や東海地区の信用金庫を訪問し、トップセールスによる団体旅行の招致に取組んでいます。
 平成29年度は、1信用金庫327名の皆さまがご来県され、平成23年度から7年間にわたり延べ23信用金庫、6,791名の皆さまを招致しました。
 当金庫では、ご来県された皆さまへ御礼と感謝の気持ちを込め、もりしん「さんさ踊り同好会」による「盛岡さんさ踊り」の披露や、訪問地の地方公共団体等と連携し歓迎セレモニーを開催しています。

○観光招致活動による経済効果
 平成29年度に国土交通省観光庁「観光入込客統計」が公表した、岩手県への観光客(県外宿泊)の観光消費額単価29,822円/人回(平成28年)を参考にすると、約2億200万円相当の経済効果があったと推測されます。

これまでにご来県された主な旅行団の皆さま

「東北しんきんワイナリー紀行」を全国の信用金庫へ発信

 当金庫は、信金中央金庫東北支店、花巻信用金庫、山形信用金庫、米沢信用金庫、ひまわり信用金庫、二本松信用金庫と連携し、岩手、山形、福島3県の9ワイナリーを紹介する「東北しんきんワイナリー紀行」を作成しました。

 本企画は、東北地区の信用金庫が推薦する、「日本ワイン」を製造しているワイナリーのPRパンフレットを作成し全国の信用金庫に発信することで、東北地区における「日本ワイン」の認知度向上による地方創生および信用金庫取引先のワイナリーの販路拡大支援等に資することを目的としています。

「東北しんきんワイナリー紀行」の完成発表会が開催されました。
平成30年4月11日(水)

経済講演会の開催

平成30年8月28日(火)
もりしん懇話会本店・東支部で岩手県事業引継ぎ支援センターの講演会を開催しました

「もりおか起業ファンド」

 平成24年8月に設立した「もりおか起業ファンド」は、経営関与を最重視したハンズオン投資で、起業を志す方を資金と経営の両面で支援し、起業時の課題に対応しています。
 ファンドを通じ、起業化の促進、雇用の創出、地元経済・産業の活性化に寄与しています。

「もりおか起業ファンド」について

環境保全への取組み

「再生可能エネルギー事業」を通じた地域活性化への支援

 当金庫では、再生可能エネルギーを活用した事業を継続的に推進、支援することで、「地産地消方式」の環境ビジネスの確立に取組んでいます。
 自治体等への提案を行い地域内で得たエネルギーを地域内で消費し、エネルギー代として域外へ流出していた資金を域内で循環させていくエネルギー版「地産地消方式」を積極的に促進しています。これらにより、新たなビジネス、雇用を創造すると共に地域の活性化を目指しています。
 なお、紫波中央駅前の再開発(オガールプロジェクト)において、紫波町役場、商業施設、宿泊施設、住宅への木質バイオマスを利用した地域熱供給事業を行うための、エネルギーステーション建設計画を支援しました。

「紫波企業の森づくり」森林環境保全活動

 平成30年6月16日(土)、第7回紫波企業の森づくり「もりしん共存同栄の森」森林環境保全活動を、紫波町「ラ・フランス温泉館」裏山にて実施しました。
 本活動は、紫波町における燃料供給態勢確立へ向けての支援事業の一環として、平成24年から15年間にわたり実施します。
 森林整備を通じ、二酸化炭素吸収、水源涵養、土砂流出防止等のほか、間伐の過程で発生した木材は、木質チップとして再資源化することにより地域資源の有効利用につながっています。

第7回紫波企業の森づくり「もりしん共存同栄の森」森林環境保全活動を実施しました

「八幡平松尾鉱山跡地」森林再生活動

 平成20年度より荒廃裸地化した鉱山跡地を森林に戻そうと八幡平松尾鉱山跡地に「友情の森」と名付け、森林再生活動に取組んでいます。
 11回目となる平成30年度は、平成30年6月23日(土)に役職員とその家族21名により実施し、新たな場所15区画に7種類の苗を植樹しました。
 これまで265区画に植樹を行い、最初に植樹した苗木は8m超の樹木に成長したものもあり、少しずつそして確実に森が形成されています。

第11回八幡平松尾鉱山跡地「友情の森」森林再生活動を実施しました

地域貢献活動

「東北・夢の桜街道」運動

 東日本大震災復興支援プロジェクト「東北・夢の桜街道」運動は、日本で最も愛されている美しい“桜”を東北復興のシンボルに掲げ、「桜の札所・八十八ヵ所、番外編二十ヵ所」として選定された東北6県の桜の名所を、東北復興への祈りを捧げながら巡る観光スキームです。

盛岡信用金庫「桜の札所・絵画コンクール」

 当金庫は、子供たちに、地元の桜に触れる機会を提供することにより、自然を大切にする心・郷土を愛する心を育み、そして、心豊かでたくましく成長することを願い「桜の札所・絵画コンクール」を開催しています。

 第6回目となる平成30年春のコンクールには、昨年の841点を209点上回る1,050点の作品を、17校・1団体の児童よりご応募いただき、内16点が受賞作品として選定されました。

 平成30年8月3日(金)~9日(木)の期間中、ななっく(Nanak)4階特設会場(盛岡市)にて、第6回盛岡信用金庫「桜の札所・絵画コンクール」応募作品展示会を開催し、小学生の絵画と併せ幼稚園・保育園の園児が制作した桜の「貼り絵」を展示しました。
第6回盛岡信用金庫「桜の札所・絵画コンクール」応募作品展示会を開催しました

岩手県学童軟式野球選手権大会「もりしんカップ」

 当金庫は、平成26年度から岩手県野球協会が主催する「岩手県学童軟式野球選手権大会」へ特別協賛しています。

 第32回岩手県学童軟式野球選手権大会「もりしんカップ」は、平成30年8月4日(土)に開会式、並びに、第1日目の試合が行われました。
 また、8月5日(日)に予定されていた第2日目の試合は、雨のため順延となり翌8月6日(月)に行われ、決勝戦、並びに、閉会式は8月7日(火)に行われました。

 本大会は、岩手県下より各地区の予選を勝ち抜いたスポーツ少年団32チームが出場し、「おおつちタイガース(上閉伊代表)」が「中里スポーツ少年団(一関代表)」を4対2で下し優勝しました。

第32回岩手県学童軟式野球選手権大会「もりしんカップ」が開催されました

子育て世帯をサポート

 18歳未満のお子さまをお持ちの世帯、母子家庭・父子家庭の世帯を対象に預金・融資商品の金利優遇サービスを行う「子育て支援事業」に平成20年7月から取組み、地域の子育て支援を積極的にサポートしています。

もりしん「愛の献血運動」の実施 ~6月15日は信用金庫の日~

 昭和26年(1951年)6月15日に「信用金庫法」が公布・施行されたことにちなみ、6月15日を「信用金庫の日」と定め、全国の信用金庫が毎年地域に密着した取組みを実施しています。
 当金庫では、「献血」に対する正しい知識の習得と必要性を啓蒙し、当金庫の地域貢献活動を広く周知することを目的に「愛の献血運動」を実施し、平成30年度は役職員とその家族他計74名が献血に協力しました。

平成30年度 第2回「もりしん愛の献血運動2018」を実施しました

地域の祭り・イベントへの参加

 当金庫では一年を通して積極的に地域の行事に参加しています。

など地域のお祭り・イベントに役職員が参加しています。

もりしんマネースクール(出前授業)

 地域の小学校を訪問し、「お金の使い方や金融機関の仕事」について学んでもらう事を目的として、平成20年度より開催しています。
 平成29年度は小学校2校6クラス、189名の児童を対象に開催しました。

もりしん職場体験学習

 中学生が職場体験・就労体験を通じ、その職業の魅力、社会人に求められることや働くことの大切さ、職業選択の考え方などを学ぶ総合学習の一環として、平成27年度より実施しています。
 平成29年度は、中学校3校、14名の生徒を対象に実施しました。

「サークル活動」

もりしん懇話会

 事業経営者の異業種交流・親睦を深めることを目的として、各営業店単位で組織しています。
 講演会、親睦会などを開催しており、気軽に情報交換ができる場として好評を得ています。

ゴールデンサークル

 お取引いただいているお客さまの中で、ゴルフを楽しまれる方々のサークルです。
 プレーを通じ親睦を深め、交流を広げていただいています。
 開催日 平成30年7月4日(水)/ 安比高原ゴルフクラブ/235名参加

もりしん年金友の会

 当金庫で年金をお受け取りいただいているお客さまや、年金振込のご予約をいただいているお客さまのサークルで、毎年観光・宿泊旅行を実施しています。
 平成30年度 第36回もりしん年金友の会『もりしん創業115周年記念特別企画「“美味なる船”にっぽん丸で航く 夏の久慈/横浜クルーズ 1泊2日の旅 」』へは358名のお客さまが参加されました。
 また、定期預金の優遇金利や、年金受給中の方にはお誕生日プレゼントの特典もあります。

過去の取組み状況はこちら

平成29年4月~平成30年3月

平成28年4月~平成29年3月

平成27年4月~平成28年3月

インターネットバンキングをはじめよう

スマートフォンで口座開設

個人インターネットバンキング

法人インターネットバンキング


ローン申込み

ローン申込み

ローンシミュレーション


電子記録債権サービス

投信インターネットサービス

スマートフォンで口座開設

▲ページトップへ戻る

Copyright© Morioka Shinkin Bank All Rights Reserved